法人について

法人税と言えば、株式会社などの法人が得ている所得に課税される税金のことですよね。
今回は視点を変えて、“法人”について色々と紹介していこうと思います。

まず法人と言えば営利法人がありますよね。営利法人とは、社員などへの利益分配することを予定しているため、常に社団法人扱いになるようですね。

そして、財団法人については、利益の分配先である社員が存在しない以上は、“利益の分配”がありえないので、利益が分配されない営利目的の財団の存在を認める実益がないとされています。

営利社団法人のことを一般的には「会社」といい、会社法でいうと“株式会社”、“合同会社”、“合名会社”、“合資会社”と定めているのだそうです。

普通法人は、全所得において原則、「法人税率(30%)」で課税されると言われています。ちなみに普通法人とは、有限会社や株式会社はもちろん、医療法人や日本銀行などです。もちろん他にもありますよ。

こういった色々な種類の法人の中でも、すべての法人に法人税が課税されるわけではないようなので、自分の場合はどうなのか、キチンと調べておきましょう。

公共法人、公益法人など、協同組合など、人格のない社団など法人には色々な種類があることもしっかりと把握しておくとわかりやすいかと思います。

何をするにも税金がかかってしまう世の中ですが、寄付などするのに税金がかからないというのはありますよね。人の為になっていることであれば、課税対象にならない法人だってあるんでしょうね。

Comments are off for this post

法人税について

法人税についていろいろと紹介してきましたが、最近では法人税を脱税する企業も少なくなってきているのではないでしょうか。

やっぱり告発されて会社の信用を無くしてしまった企業が取り上げられているせいか、脱税などのバカげた不正を図ろうという考えをもつ企業が減っているのでしょうね。それでもまだ不正行為をして何とかしようと頑張っている企業もあるようですけどね。

法人税が脱税しやすいと言われていたりもしますが、実際のところそうでしょうか?

脱税しやすいからといって自分のところもやろう!と思う人もいるのかと思うと信じられません。そういった形で脱税が多いのがもし法人税だったとしても、そういったところの方がむしろ目をつけられやすいのでは?と思うんですよね。

法人税の申告にしても、自ら行うわけですから、確かに会社側にしかわからないような何かがあるかもしれません。でも、だからと言って不正を行えば必ずしわ寄せが来てしまうものですから、どこかしらのルートで必ずバレてしまうものです。自分の会社だけじゃなく、他の取引している会社にも迷惑がかかってしまうわけです。

法人税について色々と紹介してきていますが、真面目に税金を納めている方が、後々の自分たちにとって安全だということに早く気がついて欲しいものですね。

また、企業を立ち上げたからには、税金に関することをキチンとこなすことは絶対に大事なことです。面倒なことは多いですが、。それも仕事のひとつだと思って、頑張るしかないのでしょうね。

Comments are off for this post

法人税と所得税、消費税に関すること。

有限会社、株式会社などの、いろいろな法人の所得に対し、課される税金が「法人税」です。

法人税というのは法人の利益に対してかけられるものということなので、所得税と同じ種類となります。わかりやすく言えば、個人の所得にかけられる税金を所得税と言いますが、その法人バージョンが“法人税”ということになるわけですね。

その法人税についていろいろと言われていますが、最近IMFが消費税引き上げの例示として15%などと言い始めましたよね。

「IMFが決めることではない。これから(税制改正の)超党派の協議を呼びかけていく。いま税率の話をする段階ではない」とは述べていたそうですが、結局毎回意見を覆すのが政治の世界なので、どこまで信用できるかがわかりませんよね・・・。

しかもよくメディアなんかでは日本の消費税率が低いと言われていて、世界の消費税率を見ていると、確かに数値的には日本が低く感じるのですが、実際に税率が高い世界中のほとんどでは、食料品に関しては税率を低くしたりとか、医療にかかる税金は安くしたりと、市民の生活のすべてに負担が出ないように、税率を変えるなどして工夫されているから成り立っているのです。

今の日本の現状で、全てにおける税金が15%などになってしまえば、それこそまた一層貧富の差が激しくなってしまう結果になるでしょうね。色々な影響が出てきそうなことですが、こういった個人個人の市民への負担がどんどん多くなっていけば、都会にはすでに多くいるホームレスなんかも、地方でもどんどん増えていく結果になりそうな気がしてなりません。

法人税に関する税率を下げようかなどと言っているそうですが、法人税の前に、所得税や消費税率について真剣に考えていって欲しいなと思います。

Comments are off for this post

税金の使い道について

色々な税金の使い道と言えば、国民にとってはすごく気になるところですよね。
例えば私達の中で最も身近な税金と言えば「消費税」。

この当たり前のようにとられている消費税というのは、全世界においてもだいたい100か国以上もの国(地域)などで導入されているのだそうです。

そのごく一般的な色々なものに含まれてる消費税ですが、日本でのその使い道は、国民の老後の保障である医療や年金などといった絶対に必要なものの為の“福利予算”ということで使われているのだそうです。かと言って10%にもなってしまうというのは絶対反対ですが。

日本での消費税が導入されたのは意外に最近で(とはいっても1989年の4月1日からなので20年以上も前の話ですが。)、日本の消費税の歴史というのはまだ浅いですよね。当時はまだ3%でした。懐かしいですよね。

日本では福利予算として使われているわけですが、当然各国によって使い道は違ってくるでしょう。でも、この消費税の税金システムが私達消費者に対して公平に負担を求めることができるいいシステムなんでしょうね。

税金とは関係のないことなのかもしれませんが、昔の自販機は当たり前に100円で買えていたのに、110円に値上げした当初は、まだ子供でしたから、子供ながらに消費税アップ(もしくは物価の上昇)の影響を受けていたのかもしれません。そんな思い出があります。

今となってはペットボトル150~160円、ジュースだと120~130円が普通になってしまいましたけどね。手頃に買えていたから自販機を利用していたのが、今ではスーパーやドラッグストアでの購入が普通になりました。

と個人的な話についてはいいのですが、法人税に関しては「〇〇に使われている!」というのはハッキリしないようです。

税務調査などの際に色々と指摘されるのは私達だけであり、こういった部分に関してはあまり公にされていないというのも納得がいきませんよね。

Comments are off for this post

法人税ニュース

また法人税に関するニュースがやっていました。世の中の法人がいかに色々なことをやっているのかがわかりますよね。いずれは必ず見つかってしまうものなのに、それでも頑張って隠し通そうとしている姿勢ってどうなのでしょうか?世の中の不正行為を行っている会社などがどんどん摘発されていくのに、それを人ごとだと思ってみているのでしょうかね?

大阪地検特捜部が国税徴収法違反の容疑で(法人税の滞納など)、産業廃棄物の収集だとか運搬などの処理業務を行っている会社の、コスモスクリーンサービスの経営者である人と、その経理担当の人を逮捕したのだそうです。

法人税などの滞納が原因だったようですが、その滞納分を差し押さえられることを免れる為に、会社の資産などを隠していたとして、大阪地検特捜部が動き、逮捕に至ったそうです。

容疑者らは会社の売上金の差し押さえを免れようとして、資産などを隠す行為をおこなったとのこと。その方法は2008年11月以降の売上金の振込先を、会社とはまた別の関連会社名義の預金口座に変えるなどを行っていたそうで、計画的な犯行だと思われます。約8400万円を隠していたとの疑いです。

この場合、脱税はしていませんが、滞納をしているのにちゃんと資産があることから、明らかに計画的で悪質な犯行だと思われますよね。世の中の会社が正しく申告して多額の法人税などを納めているというのに、自分達のことしか考えていない人というのはその行動を改める必要があると思います。

納税は国民の義務なのですから、その辺の理解をしっかりと持って正しい申告・納税を行ってくださいね。

Comments are off for this post

法人税に関する税

法人税と言えば各法人に必ずかかってくる税金のひとつですよね。

株式会社や有限会社、そして協同組合などが得ている、売り上げから必要経費などを差引いた所得に対して課税される税金のことで、個人の所得に課税される“所得税”と同じく、日本の租税体系の中心となっている国税のことです。

そんな国税ですが、日本の経済を支えているもののひとつなのがこの税金ですから、もしなくなってしまうとそれこそ大変ですよね。経営者の立場としては「こんな税金なんてなくなってしまえばいいのに」と思っている人もいるかもしれませんが、みんな同じく納めているものなので、仕方ないと思い、正直に申告してほしいなと思います。ここでもし納める額を減らす為に、不正行為を行ってしまえば、会社の信用すら失うことになってしまいます。

税金に関することはなかなか難しいことが多いですが、自分たちに関わっている税金の内容についてはしっかりと知識をつけておきたいですよね。知らないことは恐いことだと昔学校の先生に教えられたことがありましたが、今となっては本当にこの言葉がわかります。

知らなくて損しなくていいことで損をしてしまった、知っていることで損しないで済んだということもありますから、しっかりとできるだけ多くの知識をつけていきましょうね。

ちなみに法人といってもいろいろあって、先ほど紹介した3つ以上に合名会社、合資会社、医療、相互会社、企業組合、中間、日本銀行などがあります。他にももっともっと沢山あります。自分が該当するものなども調べてみてくださいね。

Comments are off for this post

いろいろな税

日本には沢山の税金の種類がありますよね。

その中でも私達の中でいちばん身近な存在かもしれない「消費税」。子供でもお菓子か何かを買った際に支払っている税金ですよね。そして働いていたら必ずかかる「所得税」や、「相続税」、「贈与税」、「自動車重量税」、「たばこ税」、「印紙税」、「不動産取得税」などといった、私達の生活には税金がかなりかかっているのです。

他にもあまり聞いたことがないかもしれませんが、普通税の種類の中に「ゴルフ場利用税」などといって、ゴルフ場を利用したときにかかる税金や、「電源開発促進税」という電力会社が一般の家庭などに電気を供給したときにかかるものなんかもあります。税金というのは何か目的があって支払われているものもあれば、私達からしたらこういった目的がよくわからないものまで色々とありますよね。

その中に、「直接税」である「収得税」というものに「法人税」が含まれているんですね。有限会社や株式会社などといった法人の所得に対してかかる税金なので、全ての法人にかかってくるものです。

税金には紹介した以外にも数々あり、それが全て自分たちに関係するものだとは言えませんが、自分たちにもしっかりと関係している税金についてしっかりどういった理由で納めているかなど、改めて調べてみて知るというのもいいことだと思います。どういった税金はどういった理由で取られていて、その使用目的はどのようなことに役だっているのかを知れば、きっと快く納めることができるかもしれません。

Comments are off for this post

法人税に関するニュース

2009年度の一般会計税収というものが、37兆円程度に落ち込む見通しとなっていると昨年の12月の頭に分かったことが紹介されていました。

これは景気低迷によっての企業業績の悪化が原因だと思われていて、法人税が5兆円台の前半に急減するのが主な要因だと言われています。全体の税収は当初の予算の見積もりの約46兆1千億円からなんとおよそ9兆円も下振れしたとこのとで、1984年度で(今から約24年前くらい)以来の低水準となっているのだそうです。

そしてそんな中でも新たな法人税に関するニュースがやっていました。大阪地検で梁山泊オーナーを起訴とのニュースが。なんと2億8千万をも脱税した疑いがあるのだそうです。ある意味この不景気にそんな数字が聞けるだけでもまだいいのかなとも思いますけどね。

大阪地検特捜部は8日に、約2億8千万円を脱税したとして“法人税法違反”の罪で、パチンコ情報提供の「梁山泊」の実質的オーナーで会社役員である人と、梁山泊グループの経営コンサルタント会社2社を起訴したとのこと。

起訴状によると、コンサル2社で2006年3月期までの2年間に計約9億4千万円の所得を隠していて、更に法人税約2億8千万円を脱税したとのことです。ちなみに、特捜部などによると逮捕容疑の時点での脱税額は、なんと約4億3千万円だったそうなのですが、その後の調べによって、貸倒金や借り入れ利息の支払いなどが後で判明したので、減額になったとのことです。

どちらの数字にしても、非常に一般市民には考え難い数字なんですけどね。

Comments are off for this post

節税は法人税にも関係があります

法人税に関することで色々とトラブルが起こり、問題になっている会社が世の中には沢山あります。

そのひとつとしてあるのが「節税に関すること。」節税というのは一見「税金を節約して負担を減らす」というイメージがあるかと思いますが、節税には、実はお金の出ていかない節税と、お金の出て行く節税があるんだそうです。

どういうこと?って思いますよね。節税なのにお金出て行くなんてやらない方がいいじゃないかと。

そういったお金の出て行く節税と、お金の出て行かない節税を使い分けることで本当の求めている節税が可能になるんですね。そういった節税の使い分けを何にも知らないで、ただ依頼した税理士の言うままに申告をしている会社が結構あるのだそうです。その節税の方法をきちんと使い分けることができれば、お金が貯まる節税が可能になるということなんですね。

法人税の節税をしたければ自分は何をすればいいのか、ちゃんと知識を身につけることで、高いお金を支払って税理士を雇わなくても、キチンとした節税ができるようになるんだそうです。

「税金に関することなんて、頭のいい税理士じゃないと理解できるわけないでしょ」と思っている人は多いかと思います。確かに税金に関することはプロである人に任せたほうが絶対的に安心です。でも、そうかといって全てまかせっきりにしていて後々問題が発覚して「すべて任せきりにしていたのでこちらもビックリです。何も知りませんでした。」なんてどこかの会社の事業主みたいなことをいっていても、それでは通りません。

なのである程度は自分でも理解しておくように、普段から税理士の人などと税に関することの疎通を心がけたほうがいいでしょうね。

Comments are off for this post

法人税の中間申告について

もう師走に入りました。今月もあっという間に過ぎていき、歳暮れが来て新年を迎えてしまうんでしょうね。今年も法人税について色々と紹介してきましたが、今年の最後になるであろう今回は、法人税の中間申告について紹介していこうと思います。

まず、法人税の中間申告のその内容についてですが、当期の法人税納付額がもし20万円を超えると、翌期に法人税の中間申告と納付をする必要があるんだそうです。そして法人税の納付が遅れてしまったという場合には、納付の日までの延滞税もプラスして納付しなくてはいけないことになりますので、ご注意を。

そして、確定申告による中間納付税額の調整についてですが、中間申告による納付税額があるという場合には、確定申告の際のその納付税額というものが控除されて、差額分だけを納付することになります。分割払いにするか一括払いにするかという感じですね。(別にその方法を選べるわけではありませんが・・・)また、控除しきれない場合には、しっかりと還付されることになるんだそうです。納め過ぎていた法人税、しっかり返ってくるといいですよね。

また、その法人税の中間申告の納付すべき法人税額などの計算についても一応紹介しておきます。
【納付すべき法人税額=前事業年度の納付法人税額×2分の1】という計算式で自分でもざっと計算することが可能なんですね。自分のところの法人税の額が一体いくらほどになるのか、しっかりと計算してみましょうね。

法人税だけに限った話じゃないですが、税に関することというのは非常に難しい問題ですから、きちんと調べて知っておいた方が、自分も為にもなると思います。

Comments are off for this post

次のページ »



メタ情報: